公演情報

フライハイト・コーア 第一回記念公演
『メサイア』G.F.ヘンデル

2020年2月16日(日)
14:00 開演 (13:30 開場)
府中の森芸術劇場  ウィーンホール
全席自由 2,500円

指揮/合唱指導  菅井寛太

※チケットお申込みについての詳細は決定次第お知らせいたします。

『メサイア』について

『メサイア』は G.F.ヘンデル(1685~1759)が1741年に作曲したオラトリオで、初演は1742年。

オラトリオとは宗教的な題材をもとに、独唱・合唱・管弦楽から構成される大規模な楽曲のことだが、合唱に重点が置かれ演技を伴わないため、オペラとは異なる。 その起源は16世紀後半のイタリアにあり、18世紀にイギリスやドイツで芸術的頂点に達した。中でも『メサイア』はオラトリオの最高傑作とされる作品の1つである。

曲は三部で構成されており、第一部はキリストの誕生の預言と その生涯、第二部はイエスの受難を通じての福音の勝利、第三部ではキリストの復活と永遠の命への賛美が歌われている。 歌詞は聖書から用いられており、ドラマ的なストーリーは描かれていないというのが特色で、音楽は心の動きを表現している。