私たちについて

Freiheit Chor(フライハイト・コーア)は、合唱指揮者・声楽家の菅井寛太氏を常任指揮者とする混声合唱団です。

結成は2018年2月。日本最大級の合唱イベント“サントリー1万人の第九” (2017年12月3日/大阪城ホール)の練習クラスで菅井氏の指導を受け、その指導力と人柄に強く惹かれた有志が、これからも共に歌っていきたいと強く願ったことがきっかけでした。

団の名称は、ベルリンの壁崩壊を記念した1989年のクリスマス・コンサートで、バーンスタインがべートーヴェンの交響曲第9番の合唱で「フロイデ(喜び)」を「フライハイト(自由)」に替え、自由の喜びを表現したことにちなんでいます。 フライハイト・コーアは、その名の通り、様々なジャンルの楽曲を歌う柔軟な合唱団を目指しており、バロック、古典派、ロマン派の宗教曲や邦人作曲家による合唱曲などに取り組んできました。

当初の第九のメンバーにとどまらず、譜面が読めない未経験者から合唱マニアまで、年齢も20代から70代までと豊かな個性が揃い、結成から2年足らずで60人規模の合唱団になりました。風通しのよい雰囲気の中で、難易度の高い課題曲にも楽しみながらチャレンジしています。